農薬情報>殺菌剤>アミスター20フロアブル

アミスター20フロアブルの作物別使用方法および試験成績

なす

上手な使い方
  • うどんこ病防除は、作用機作の異なる殺菌剤との輪番使用が効果的です。
病害の発生消長とアミスター20フロアブルの使用適期(参考例)

△〜△・・・播種(台木〜穂) ○・・・定植 ◎・・・収穫開始 X・・・収穫終了

◆なす促成(越冬)栽培◆




委託試験成績抜粋
なす/うどんこ病
薬剤 希釈
倍数
防除価
アミスター20
フロアブル
2000倍 100
キノキサリン
水和剤
3000倍 100
品種 竜馬 施設栽培
散布 11/29、12/6、13
調査 12/20、各区全株のそれぞれ3主枝より
中位葉任意3葉を選び発病を調査。
発生 少発生(無処理:発病度8.1)
94年(社)日本植物防疫協会研究所高知試験農場
なす/すすかび病
薬剤 希釈
倍数
防除価
アミスター20
フロアブル
2000倍 95.3
トリフルミゾール
水和剤
3000倍 74
品種 はやぶさ 施設栽培
散布 5/13、20、27
調査 6/3、(最終薬剤散布7日後)に
発病葉率、発病度を調査。
発生 中程度(無処理:発病度15.0)
97年(社)日本植物防疫協会