かんきつ/灰色かび病の生態と防除


本病は、開花期〜落弁期にかけて降雨が多いと多発します。樹上の残存花弁が発生源となるため、落弁しにくい「温州」みかん、「清見」、「レモン」等で発生しやすく、落弁しやすい「伊予柑」や「ネーブル」等ではほとんど被害はありません。特に落弁期に幼果に茶色の落弁が付着する時期と梅雨の走りが重なると、発生が多くなります。
かんきつ/灰色かび病
露地栽培での薬剤防除は、満開期から落弁初期に薬剤散布をするのが適切です。極早生温州や早生温州などの初期感染が多い品種では、開花期の防除も必要です。