農薬情報>殺虫剤>ダニ剤



特長
■種類名:スピロジクロフェン水和剤
■有効成分:スピロジクロフェン・・・30.0%
■性状:類白色水和性粘稠懸濁液体
■人畜毒性:普通物
■有効年限:4年
■包装:250mlx20本
■作用機構分類:IRAC 23[スピロジクロフェン]
  • 全く新しい系統の殺ダニ剤で、作用性も異なります。
    本剤は、今までのどのグループとも異なる全く新しい系統の殺ダニ剤で、環状ケトエノール系に分類できます。また、作用機構も今までの殺ダニ剤とは全く異なり、脂質の生合成を阻害します。したがって、今までの殺ダニ剤との交差抵抗性は認められず、抵抗性の発達したミカンハダニに対しても優れた効果を示します。
  • サビダニ類に対しても高い効果があり、ミカンハダニとサビダニ類の同時防除が可能です。
  • 全てのステージに対して安定した効果を示し、長期間密度を抑制します。
    • 本剤は、ミカンハダニ、ミカンサビダニの全てのステージに効果を示しますが、卵・幼虫に対してとくに高い活性を示します。
    • 成虫に対する効果発現は多少遅効的ですが、産卵抑制作用や、産下卵が孵化しない特性があり、ミカンハダニに対しては約40 日の残効が期待でき、長期間ハダニ密度を抑制します。
  • 人畜、水産動物に対しても高い安全性を示します。
    本剤は普通物です。また、水産動物に対しても高い安全性を示すことが確認されています。海に近接した傾斜地のかんきつ園でも安心して使用できます。
  • 天敵、有用昆虫などに影響が少なく、環境にやさしい薬剤です。
    本剤は、アブラバチ・ハダニアザミウマ・テントウムシ類・ハネカクシなどの天敵に対し、実用濃度では影響が認められません。また、カイコ・ミツバチ・マルハナバチ・マメコバチに対しても安全性が高く、環境にやさしい薬剤です。
適用害虫及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 スピロジクロフェンを含む農薬の総使用回数
かんきつ ミカンキジラミ 
4000倍 
散布 
収穫7日前まで 
1回 
200〜700L/10a 
1回 
サビダニ類(ミカンサビダニを除く) 
4000倍 
散布 
収穫7日前まで 
1回 
200〜700L/10a 
1回 
ミカンサビダニ 
4000〜6000倍 
散布 
収穫7日前まで 
1回 
200〜700L/10a 
1回 
ミカンハダニ 
4000〜6000倍 
散布 
収穫7日前まで 
1回 
200〜700L/10a 
1回 
チャノホコリダニ 
4000倍 
散布 
収穫7日前まで 
1回 
200〜700L/10a 
1回 
びわ ビワサビダニ 
4000倍 
散布 
収穫7日前まで 
1回 
200〜700L/10a 
1回 
さんしょう(果実) ミカンハダニ 
4000倍 
散布 
収穫21日前まで 
1回 
200〜700L/10a 
1回 
チャノナガサビダニ 
2000倍 
散布 
摘採14日前まで 
1回 
200〜400L/10a 
1回 
上手な使い方
  • ミカンハダニ、ミカンサビダニの発生消長は地域によって異なる場合があります。また散布適期は、一般的な防除暦に合わせてあります。ご使用の際は各地区の防除暦に従ってください。
  • ボルドー液との近接散布は、前後2週間あけて使用してください。

試験成績
ミカンハダニに対する効果
  • 品種:宮内伊予柑18年生
  • 害虫発生状況:中発生
  • 処理月日:6月15日
  • 散布量:約12L/樹
  • 調査:散布前、散布3、10、19、31、41日後に雌成虫数を調査
  • 平成12年、山口県農業試験場
ミカンサビダニに対する効果
  • 品種:普通温州23年生
  • 害虫発生状況:極小→多発生
  • 処理月日:6月30日に十分量を散布
  • 調査:10月23日に各区100果について被害度別被害果率を求めた。
  • 平成9年、 日本植物防疫協会宮崎試験場
他剤との混用事例
殺虫剤 殺菌剤 3種混用
アグロスリン水和剤 Zボルドー ジマンダイセン水和剤
アドマイヤーフロアブル
アドマイヤーフロアブル アリエッティ水和剤
アドマイヤー顆粒水和剤 エムダイファー水和剤 ジマンダイセン水和剤
アドマイヤー顆粒水和剤
アプロード水和剤 オキシラン水和剤
エルサン乳剤 カスミンボルドー ジマンダイセン水和剤
スプラサイド乳剤
オリオン水和剤40 ゲッター水和剤
カスケード乳剤 コサイドDF ジマンダイセン水和剤
モスピラン水溶剤
カルホス乳剤 コサイドボルドー
コテツフロアブル ジマンダイセン水和剤
ジメトエート乳剤 ストロビードライフロアブル
スタークル顆粒水溶剤 スミブレンド水和剤
スプラサイド乳剤40 スミレックス水和剤
ダーズバン乳剤40 デランフロアブル
テルスタ―水和剤 トップジンM水和剤
トクチオン乳剤 ナリアWDG
ベストガード水溶剤 パスワード顆粒水和剤
マブリック水和剤20 フロンサイドSC
マブリックEW ベフラン液剤25
モスピラン水溶剤 ペンコゼブ水和剤
ラービンフロアブル ベンレート水和剤
ロディー乳剤 マネージ水和剤
MR.ジョーカー水和剤 ランマンフロアブル
リドミルMZ水和剤
ロブラール水和剤
使用上の注意
効果・薬害などの注意
  • 本剤は貯蔵中に分離することがありますので、使用に際しては容器をよく振って下さい。
  • ミカンキジラミの防除に使用する場合は、成虫には効果が劣るので、幼虫防除を対象とした。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
安全使用・保管上の注意
  • 誤飲などのないように注意して下さい。誤って飲み込んだ場合には、直ちに医師の手当を受けさせて下さい。
  • 散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用して下さい。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをして下さい。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意して下さい。
  • 直射日光を避け、食品と区別して、なるべく低温な場所に密栓して保管して下さい。
製造・販売:バイエルクロップサイエンス(株)