農薬情報>殺虫剤


特長
■種類名:クロルピリホス水和剤
■有効成分:クロルピリホス・・・75.0%
■性状:淡黄色水和性細粒及び微粒
■毒性:劇物
■有効年限:4年
■包装:167g×40袋 ダンボール箱
■作用機構分類:IRAC 1B[クロルピリホス]
  • クロルピリホスは有機リン剤の一つで、食毒や接触毒によりアセチルコリンエステラーゼを阻害し、殺虫効果を発揮します。
  • シンクイムシ類、ハマキムシ類、カイガラムシ類等の、同時防除が出来ます。
  • 有機溶剤を含まない製剤ですので、消防法の適用を受けず、臭いが軽減され、水和剤のような粉立ちを生じません。
  • 速効性にすぐれており、残効性、耐雨性も認められています。
  • 散布コストが安く、経済的に防除が出来ます。
  • 蚕に対する安全基準日数は、15日です。
適用作物及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 クロルピリホスを含む農薬の総使用回数
みかん ミカンキイロアザミウマ 3000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
なし ハマキムシ類 3000〜4000倍 散布 収穫30日前まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
クワコナカイガラムシ 3000〜4000倍 散布 収穫30日前まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
シンクイムシ類 3000倍 散布 収穫30日前まで 3回以内 200〜700L/10a 3回以内
りんご ハマキムシ類 3000倍 散布 収穫45日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
クワコナカイガラムシ 3000倍 散布 収穫45日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
シンクイムシ類 3000倍 散布 収穫45日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
ケムシ類 3000倍 散布 収穫45日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
リンゴワタムシ 3000倍 散布 収穫45日前まで 1回 200〜700L/10a 1回
もも ウメシロカイガラムシ 3000倍 散布 収穫14日前まで 5回以内 200〜700L/10a 5回以内
ハマキムシ類 3000倍 散布 収穫14日前まで 5回以内 200〜700L/10a 5回以内
シンクイムシ類 3000倍 散布 収穫14日前まで 5回以内 200〜700L/10a 5回以内
かりん ナシヒメシンクイ 3000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
ネクタリン ハマキムシ類 3000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
シンクイムシ類 3000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
すもも ウメシロカイガラムシ 3000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
シンクイムシ類 3000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
ブルーベリー カイガラムシ類 3000倍 散布 収穫14日前まで 2回以内 200〜700L/10a 2回以内
りんどう リンドウホソハマキ 3000倍 散布 - 2回以内 100〜300L/10a 2回以内
上手な使い方
  • 本剤は植物体上での移行性はありません。 害虫発生初期に、葉裏までむら無く付着するよう十分量を散布してください。
  • 薬液を調製する時は、容器に水を少しためてからダーズバンDFを投入し、よくかき混ぜてください。希釈液中に浮遊物が見られる場合がありますが、散布・効果に影響はありません。
  • 他の農薬と混用できますか。
  • 殺虫剤と殺菌剤で事例がある組み合わせは混用事例集(ダウ・ケミカル日本(株)へのリンク)をご覧ください。
  • ミツバチやマメコバチに影響がありますか。
  • 影響があるので、露地では導入の7〜10日前または花が終わってからのダーズバンDFの散布をおすすめします。
  • カイガラムシに効果がありますか。
  • カイガラムシには歩行幼虫が出てきている時期の散布が効果的です。りんご・なし・ももなどでカイガラムシ登録がありますが、作物、カイガラムシの種類についてラベルでご確認ください。
使用上の注意事項
効果・薬害などの注意
  • 本剤の所定量に水を加え、よくかきまぜてから散布してください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • ミツバチに対して影響があるので、以下の事に注意してください。
    • ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにしてください。
    • 受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園などでは、使用を避けてください。
    • 養蜂が行われている地区では、周辺への飛散に注意するなど、ミツバチの危害防止に努めてください。
  • 水源地などに本剤が飛散、流入しないよう十分に注意してください。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は病害虫防除所など関係機関の指示を受けてください。
安全使用・保管上の注意
  • 医薬用外劇物ですので、取り扱いには十分注意してください。誤って飲み込んだ場合は吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせてください。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には、直ちに医師の手当を受けてください。
  • 本剤の解毒剤としては、動物実験で硫酸アトロピン製剤が有効であると報告されています。
  • 本剤は眼に対して弱い刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗してください。
  • 散布の際は防護マスク、手袋、不浸透性防除衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをしてください。
  • 水産動植物(甲殻類)に強い影響を及ぼす恐れがあるので、河川、湖沼、海域及び養殖池に本剤が飛散、流入する恐れのある場所では使用しないでください。
  • 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使い切ってください。散布器具及び容器の洗浄水は河川などに流さないでください。また、空容器は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
  • 直射日光を避け、食品と区別し、鍵のかかるなるべく低温で乾燥した場所に密封して保管してください。
  • 盗難、紛失の際には警察に届け出てください。
製造・販売: ダウ・ケミカル日本(株)