農薬情報>殺虫殺菌剤>水稲箱処理剤


特長
種類名 クロラントラニリプロール・アミスルブロム水和剤
有効成分 クロラントラニリプロール・・・25.0%
アミスルブロム・・・12.5%
性状 淡褐色水和性細粒
毒性 普通物
安全性 製品安全データシート日産化学(株)へのリンク)
包装 100g入
作用機構分類 IRAC 28[クロラントラニリプロール]
FRAC 21(C4)[アミスルブロム]
  1. 定評のある殺虫成分「クロラントラニリプロール」に、殺菌成分「アミスルブロム」をプラスした、育苗箱用の殺虫殺菌剤です。
  2. 播種時〜出芽時に簡便な灌注処理するだけで、初期害虫防除を完了できます。
  3. さらに、育苗期間中のムレ苗・苗立枯病(ピシウム菌)も防ぎ、苗立率アップが期待できます。

ヘッド顆粒水和剤の製品ページへ
(製造・販売元 日産化学(株)へのリンク)

適用及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 使用目的 散布液量 クロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数 アミスルブロムを含む農薬の総使用回数
稲(箱育苗) 苗立枯病(ピシウム菌) 1000倍 土壌灌注 は種時 1回 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液1L 1回 1回
苗立枯病(ピシウム菌) 500倍 土壌灌注 は種時 1回 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液500ml 1回 1回
イネミズゾウムシ 500倍 土壌灌注 は種時〜出芽時(但し、移植15日前まで) 1回 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液500ml 1回 1回
イネミズゾウムシ 1000倍 土壌灌注 は種時〜出芽時(但し、移植15日前まで) 1回 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液1L 1回 1回
イネドロオイムシ 500倍 土壌灌注 は種時〜出芽時(但し、移植15日前まで) 1回 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液500ml 1回 1回
イネドロオイムシ 1000倍 土壌灌注 は種時〜出芽時(但し、移植15日前まで) 1回 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液1L 1回 1回
ニカメイチュウ 500倍 土壌灌注 は種時 1回 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液500ml 1回 1回
ニカメイチュウ 1000倍 土壌灌注 は種時 1回 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液1L 1回 1回
フタオビコヤガ 500倍 土壌灌注 は種時 1回 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液500ml 1回 1回
フタオビコヤガ 1000倍 土壌灌注 は種時 1回 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液1L 1回 1回
設定なし 1000倍 土壌灌注 は種時〜出芽時(但し、移植15日前まで) 1回 ムレ苗防止 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液1L 1回 1回
設定なし 500倍 土壌灌注 は種時〜出芽時(但し、移植15日前まで) 1回 ムレ苗防止 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり希釈液500ml 1回 1回

ヘッド顆粒水和剤の製品ちらし (日産化学(株)へのリンク)
ヘッド顆粒水和剤の技術資料 (日産化学(株)へのリンク)
混用事例
以下の薬剤との混用事例があり、問題が生じなかったことが確認されています。
スタウト顆粒水和剤
ダコレート水和剤
ダコニール1000
タフブロック

使用上の注意事項
効果・薬害などの注意
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • 本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
安全使用・保管上の注意
  • 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。使用後は洗眼してください。
  • 魚毒性等
    水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に流入しないよう水管理に注意してください。使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないこと。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
製造: 日産化学(株)