栽培の手引き植物総合管理>作物別環境保全型農業栽培の手引き

かぼちゃ

栽培のワンポイント
梅雨時に着果が悪く、変形果が多いのはなぜ?
日照不足で同化養分が少ないうえに、温度が低い日が多いので花粉の充実が悪く、受粉しにくくなるため、タネ着きにムラが出て変形果になります。また、雨天日は、花粉を持ち運ぶ昆虫が少ないうえに、動きが鈍いので受粉しにくいのも一因です。花粉が雨に濡れてつぶれ受精できない場合もあります。
1gの種子粒数は洋種1,800〜2,500、日本種2,500〜4,000粒くらいです。
(注:品種によって差があります)
育苗のポイント