農業と環境>使用済み農業資材の適正処理

使用済み農ビのリサイクル向上へ

農ビは農業に欠かせない資材で、貴重なリサイクル資源です。農ビは、再生利用に適した塩化ビニル樹脂が原料です。同じ材質のものがまとまって排出されるため、高いリサイクル率が期待できます。上手にリサイクルさせることにご協力をお願いします。
使用済み農ビは、こんなかたちに生まれ変わります。
歩経路表面材 サンダル
レンガ
床材
使用済み農ビのリサイクルの現状
使用済み農ビの排出量約10.5万トンのうち45%がリサイクルされています。ほかのプラスチック製品に比べ、高いリサイクル率です。
使用済み農ビの処理方法は、リサイクル、焼却、埋立などが行われていますが、最も望ましい方法はリサイクルです。
使用済み農ビは、同じ材質のものがまとまって集められるため、リサイクルがしやすい特徴があります。
園芸用プラスチックの排出量とリサイクル量 使用済み農ビのリサイクル率の推移
使用済み農ビのリサイクルシステム
産業廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃帰法)
農業用として使用を終えた農ビや農PO・農ポリは、産業廃棄物です。
平成9年の法改正により「事業者(農家)」は、その事業活動(生産活動)に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない」とされています。
不法投棄などに対し、3年以下の懲役や1000万円以下の罰金など、罰則が強化されました。
使用済み農ビ/再資源化のための適正処理
  1. 分別
    • 再生処理される使用済み農ビに、農PO・農ポリなどの他のフィルムは絶対に混ぜないで下さい。
      のマークを目印に分別して下さい。
    • 飛散防止に使われている竹・金具などや、土砂・木片・金属などの異物を取り除いて下さい。
  2. 梱包
    ハウスから取り外した被覆資材と同種類のものを紐にし、10kg〜15kg程度の大きさにまとめ、2ヶ所を縛って下さい。
  3. マニフェスト
    平成10年12月から、農業用廃プラスチックについても、廃棄物の処理の流れを把握・管理する制度(マニフェスト制度)が導入されています。
    • マニフェストとは、「産業廃棄物管理票」のことです。
    • 産業廃棄物を出す事業者が、廃棄物の運搬や処理の最終処分までを管理するシステムです。
    • 産業廃棄物の名称・数量・形状等を記載した管理票を渡しながら、処理の流れを管理します。
農ビの有用性
保湿性の比較
月/日 天候 被覆資材 最低気温℃
2/22 晴れ・強風 農ビ -3.0
ポリオレフィン -4.7
2/23 晴れ・強風 農ビ -7.0
ポリオレフィン -7.9
平均(43日) 農ビ 0.8
ポリオレフィン 0.3
千葉県農業試験場
期間/平成9年1月31日〜3月14日
厚さ/0.1mm
防曇性の比較
日本ビニル工業会
農業用フィルム部会技術委員会測定
555nm直進光透過率
農ビ ポリオレフィン
91.0% 73.0%
日本ビニル工業会
農業用フィルム部会技術委員会測定
  • 保温性にすぐれています。
    ポリオレフィンに比べ、
    • 過温用油の使用量が少なくて済みます。
    • 無加温ハウスでも、温度低下が少なく、作物への霜の付着がほとんどありません。
    • 密着性が高いのですきま風が入りません。
  • 防曇性にすぐれています。
    ポリオレフィンに比べ、
    • 展張直後から水滴がよく流れます。
    • その性能が持続します。
  • そのほか、農ビにはさまざまな利点があります。
    • 初期透明性
      農ビは多くのプラスチック素材の中でも透明性にすぐれており、特に初期の光線透過量がすぐれています。
    • 復元性
      多少引っ張っても、もとに戻る復元性が大きいので、均一に展張しやすい性質があります。
    • こすれ強さ
      ハウスバンドやパイプとのこすれに強いので、キズつきがすくなくてすみ、破れにくい性質があります。
使用済み農ビのリサイクル団体・企業一覧
団体・企業 所在地 電話/fax
(社)園芸いばらき振興協会 〒311-4203
茨城県水戸市上国井町3340番地
029-222-8511
029-222-8513(fax)
群馬県経済連樹脂加工センター 〒370-1103
群馬県佐波郡玉村町樋越字森下1850-2
0270-65-3668
千葉県園芸用プラスチック
リサイクルセンター
〒283-0044
千葉県東金市小沼田字午開1655-3
0475-54-3566
(社)高知県農業用廃
プラスチック処理公社
(高知ビニール)
〒781-0325
高知県吾川郡春野町森山2870
0888-94-3550
三桂(株) 〒068-2165
北海道三笠市岡山178-21
01267-2-2113
関東資源(有) 〒321-4305
栃木県真岡市荒町5218
0285-84-1161
大黒産業(有) 〒498-0021
愛知県悔部郡弥富町大字鯏浦字東気開43-6
0567-65-1408
(株)タイボー 〒641-0051
和歌山県和歌山市西高松2-15-5
0734-48-3150
(有)大月産業 〒716-1321
岡山県上房郡有漢町有漢4206-1
0866-57-3245
大洋電工(株) 〒779-3202
徳島県名西郡石井町高原字関1-6
0886-75-1225
(株)黒田工業 〒882-0024
宮崎県延岡市大武町758-3
0982-35-6000
宮崎県産業廃棄物
再生事業協同組合
〒880-0121
宮崎県宮崎市大字島之内字堀之内2932
0985-39-2261
三州化工(株) 〒893-0032
鹿児島県鹿屋市川西町3874-11
0994-44-6400
太洋興業(株) 〒111-0053
東京都台東区浅草橋4-2-2
03-5687-1988
農ビリサイクル促進協会(NAC)
「農ビリサイクル促進協会(通称NAC)」は、使用済み農業用ビニルフィルム(使用済み農ビ)の適正処理を一層推進するため、農業用ビニルフィルムメーカー7社と全国農業協同組合連合会(全農)とで、平成11年7月6日に設立しました。
設立の目的
使用済み農ビの安全循環型システムの構築を目指し、具体的には下記項目の対応に取り組みます。
1. リサイクル推進のための処理技術の開発と調査
2. 再生品の用途開発の推進
3. リサイクル拠点の整備推進
4. 適正処理のための諸課題の対応・推進
協会員
全国農業協同組合連合会 タフニック株式会社
アキレス株式会社 チッソ株式会社
オカモト株式会社 MKVプラテック株式会社
シーアイ化成株式会社 三菱化学MKV株式会社