関連記事>

お米の人気銘柄

日本経済新聞・・・2003/06/14
コシヒカリ人気盤石
田植えもおぼ終わり、青々とした稲がすくすくと伸びている。食べてみたいお米を主婦に聞いたら、米どころのコシヒカリが四銘柄入った。「コシヒカリ信仰」は依然根強い。
コシヒカリの生みの親の福井県農業試験場だ。1996年に育成した品種で粘りと甘みがあり、肉など味の濃いおかずに合う。洋食化の流れに乗り、全国銘柄になった。昨年の収穫量の約36%を占め、二位のひとめぼれ(一割弱)を大きく引き離している。
かつて人気を二分したササニシキは、刺身など和食との相性が良いあっさりとした食感。食生活の変化に加え、いもち病や寒さに弱い。主産地の宮城県が耐冷性に優れるひとめぼれに転換したため、自主米センターの上場数量の上位30銘柄にも入らない。
一位のコシヒカリ(新潟・魚沼)はもともと山間部で作られた棚田米。
うまみを決める土壌、水、寒暖差など好条件がそろい、他産地と比べて甘み、粘り気が数段強い。十数年前から口コミで人気が広がり、価格も突出したブランドになった。供給が追いつかず、偽装米も出回る。
二位あきたこまちはコシヒカリと奥羽292号の交配種。小粒ながら輝きがあったクセがなく「味はコシヒカリとササニシキの間」と評される。三位コシヒカリ(新潟・一般)は肥よくな越後平野で生産。食味を悪くするアミロースとたんぱく質の含有も少ない。
四位ひとめぼれ(宮城)は炊き上がりのhっくらとした食感やつや、粘り気のバランスが良く、焼き魚など和食に合う。六位のきらら397(北海道)は米粒が形崩れしにくく、チャーハンなどいため物に使うとパラパラに仕上がる。調味料もよく吸収し、安いため、外食業界でも人気だ。
七位のコシヒカリ(福島・会津)は気候条件が新潟県に近く値ごろ感がある。
八位のコシヒカリ(富山)の食感はやや硬め。
九位のはえぬき(庄内)は弾力性があり、かむほどに味が出る。冷めてもおいしく、おにぎりに最適。
五位にひとめぼれ、十位にあきたこまちが入った岩手県は独自品種はないが、減農薬栽培やきめ細かい品質管理が高く評価された。
実際の購入基準は「価格」4割
1 コシヒカリ(新潟・魚沼):874
粘土質の土壌と昼夜の寒暖差が大きい山間地の気候がおいしさの理由
2 あきたこまち(秋田):632
1984年県農業試験場が育成した品種。秋田生まれともいわれる小野小町にちなんで命名
3 コシヒカリ(新潟・一般):360
肥沃な大地と雪解けの清流に加え、稲ワラをすき込んだ土作りに取り組む
4 ひとめぼれ(宮城):246
91年県古川農業試験場が育成。光沢の美しさから、「一目ぼれする」よな品種として命名
5 ひとめぼれ(岩手):165
同県は気温の日較差が大きく、河川の水質が良い米どころ。県内一位の生産量銘柄
6 きらら397(北海道):152
88年道立上川農業試験場が育成。雪のように白くきらめくさまを表現。数字は品種試験での系統番号
7 コシヒカリ(福島・会津):150
県内でも日照量が十分にある地域。気温の日較差が大きい
8 コシヒカリ(富山):146
万年雪をいただく立山連峰の豊富な清水がおいしさの決め手
9 はえぬき(庄内):143
92年山形農業試験場庄内支場で育成。山形県で生まれ育ったオリジナル米であることから命名
10 あきたこまち(岩手):122
ひとめぼれ同様、県をあげて減農薬栽培に取り組む。県内では第2位の生産量
実際に食べている米の銘柄も聞いたところ、一位はあきたこまち(秋田:235人)で、二位コシヒカリ(新潟・一般:99人)を大きく引き離した。価格の安いきらら397(北海道:65人)は三位。
銘柄を選ぶ基準は「価格」が四割を占めた。
価格だけを見ると、コシヒカリ(新潟・魚沼)がずば抜けて高いが、安くてもおいしい米の銘柄は全国に数多くある。例えば、福岡産がランキング二十七位に入ったヒノヒカリ。九州地方で多く生産。主に西日本で消費される。入札価格の指標価格(小売価格は三割程度高い)は14,500円だが、浸水時間が短くてもおいしく炊ける。やや硬めの食感で甘みもあり、どんなおかずにも合う。
コメの品種、炊飯などの専門家「お米マイスター」の資格を持つ米穀店、スズノブ(東京・目黒)の西島豊造 代表取締役は「料理ごとに銘柄を使い分けたり、コシヒカリにきらら397を一割混ぜると全く違った食感がするなどブレンドの仕方一つとっても様々な楽しみ方がある」と話す。
●調査の方法
調査会社のスコープ(東京・新宿)を通じ、5月下旬にインターネットで調査。全国の二十代から四十代以上までの主婦を対象に、自主流通米価格形成センター(自主米センター)の上場数量の多い三十銘柄のうち、価格や人手の難しさなどを考慮しない場合、食べたいコメの銘柄を複数回答で選んでもらい、上位十銘柄をランキングした。有効回答は1,250。
グリーンジャパンホームへ