農薬情報>殺菌剤

特長
■種類名:ピコキシストロビン水和剤
■有効成分:ピコキシストロビン・・・22.5%
■性状:類白色水和性粘稠懸濁液体
■毒性:普通物
■有効年限:4年
■包装:250mlx20
■作用機構分類:FRAC 11(C3)[ピコキシストロビン]
  1. 幅広い病害に効果があり、作物がきれいに仕上がる。
    ベと病、菌核病、灰色かび病、すそ枯病など多種の病害防除に高い効果を発揮するので、作物がきれいに仕上がります。
  2. 効果に安心!
    浸達性、浸透移行性が高く、耐雨性や効果持続性に優れるため、安定した防除効果を発揮します。
  3. 使いやすい。
    適用の病害に対して耐性菌の心配が少なく、収穫前日数も短いため、使いやすい汎用殺菌剤です。
適用作物及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 ピコキシストロビンを含む農薬の総使用回数
キャベツ 株腐病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
菌核病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
べと病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
はくさい 黒斑病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
白さび病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
白斑病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
べと病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
たまねぎ 灰色かび病 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
灰色腐敗病 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
べと病 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
小菌核病 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
ねぎ 黒斑病 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
さび病 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
葉枯病 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
べと病 2000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
レタス 菌核病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
すそ枯病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
灰色かび病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
べと病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
非結球レタス 菌核病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
すそ枯病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
灰色かび病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
べと病 2000倍 散布 収穫3日前まで 3回以内 100〜300L/10a 3回以内
きく 白さび病 2000倍 散布 発病初期 3回以内 100〜300L/10a 3回以内

メジャーフロアブルの技術資料(日本農薬鰍ヨのリンク)

メジャーフロアブルの混用事例(日本農薬鰍ヨのリンク)

注意事項
効果・薬害などの注意
  • 使用前によく振ってから使用してください。
  • 浸透性を高める効果のある展着剤を加用すると薬害を生じるおそれがあるので、展着剤加用に当たっては事前にその適否を確認してください。
  • キャベツ、はくさい、レタス、非結球レタス、たまねぎ、ねぎに使用する場合、幼苗期では薬害を生じるおそれがあるので、散布はさけてください。
  • 葉ねぎに使用する場合、高温時の使用により薬害(株の開帳や葉身部のわん曲)が生じるので、使用しないでください。
  • たまねぎに使用する場合、高温時には葉先の退緑が生じるので、使用しないでください。
  • はくさいに使用する場合、結球前の高温条件下では薬害が生じるので、使用しないでください。
  • きくに使用する場合、着蕾期以降は薬害を生じるおそれがあるので散布はさけてください。
  • 薬剤耐性菌の出現を防ぐため、過度の連用はさけ、なるべく作用性の異なる薬剤と組み合わせて輪番で使用してください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • 本剤の使用に当たっては使用量、使用時期、使用方法等を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。
安全使用上の注意
  • 本剤は眼に対して弱い刺激性があるので眼に入らないように注意してください。眼に入った場合は直ちに水洗してください。
水産動植物に対する注意事項
  • 水産動植物(魚類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。
  • 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
製造・販売 日本農薬(株)