農薬情報>殺虫剤>土壌害虫剤


特長
種類名 メタアルデヒド粒剤
有効成分 メタアルデヒド・・・3.0%
性状 暗青色粒状
毒性 普通物
安全性 製品安全データシートサンケイ化学(株)へのリンク)
有効年限 3年
包装 1kgx12、2kgx8、500gx20
  • ナメクジ類・カタツムリ類を誘引し、摂食して効果を発揮するベイト剤です。
  • 有効成分のメタアルデヒドはナメクジ類・カタツムリ類に速効性があります。
  • 青色の粒剤ですので散布したところがよくわかります。

ナメクリーン3の製品ページへ
(製造・販売元 サンケイ化学(株)へのリンク)

適用害虫及び使用基準
作物名 適用病害虫 使用量 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 メタアルデヒドを含む農薬の総使用回数
キャベツ カタツムリ類 1〜3kg/10a 株元散布 収穫14日前まで 2回以内 6回以内(但し、散布及び株元散布は合計3回以内(株元散布は2回以内))
ナメクジ類 1〜3kg/10a 株元散布 収穫14日前まで 2回以内 6回以内(但し、散布及び株元散布は合計3回以内(株元散布は2回以内))
はくさい カタツムリ類 3kg/10a 株元散布 収穫3日前まで 2回以内 6回以内(但し、株元散布は2回以内)
ナメクジ類 3kg/10a 株元散布 収穫3日前まで 2回以内 6回以内(但し、株元散布は2回以内)
レタス カタツムリ類 1〜3kg/10a 株元散布 収穫14日前まで 2回以内 6回以内(但し、散布及び株元散布は合計3回以内(株元散布は2回以内))
ナメクジ類 1〜3kg/10a 株元散布 収穫14日前まで 2回以内 6回以内(但し、散布及び株元散布は合計3回以内(株元散布は2回以内))
いちご ナメクジ類 3kg/10a 株元散布 収穫前日まで 2回以内 6回以内(但し、株元散布は2回以内)
かんきつ カタツムリ類 1〜3kg/10a 株元散布 収穫30日前まで 3回以内 6回以内(但し、散布及び株元散布は合計3回以内)
ナメクジ類 1〜3kg/10a 株元散布 収穫30日前まで 3回以内 6回以内(但し、散布及び株元散布は合計3回以内)
花き類・観葉植物 カタツムリ類 1〜3kg/10a 株元散布 - 6回以内 6回以内
ナメクジ類 1〜3kg/10a 株元散布 - 6回以内 6回以内

ナメクリーン3の製品ちらし (サンケイ化学(株)へのリンク)

試験成績
キャベツでのナメクジに対する防除価
  • 試験場所:愛知県農業総合試験場
  • 作物:キャベツ(はるなぎエース)
  • 対象病害虫:チャコウラナメクジ
  • 実施機関:
    播種:平成25年5月14日
    定植:平成25年6月14日
    処理:平成25年6月28日
レタスでのナメクジの死虫率
  • 試験場所:愛知県農業総合試験場
  • 作物:レタス(メルボルンMT)
  • 対象病害虫:チャコウラナメクジ
  • 実施機関:
    播種:平成25年5月14日
    定植:平成25年6月14日
    処理:平成25年6月20日
みかんでのナメクジの死虫率
  • 試験場所:
    H25年日植防委託試験(兵庫県)
  • 作物:みかん(宮川早生)
  • 対象病害虫:チャコウラナメクジ
  • 実施機関:処理:平成25年10月31日
マリーゴールドでのカタツムリに対する防除価
  • 試験場所:
    H25年日植防委託試験(兵庫県)
  • 作物:マリーゴールド
  • 対象病害虫:ウスカワマイマイ
  • 実施機関:
    定植:平成25年6月14日
    処理:平成25年6月20日
上手な使い方
効果・薬害などの注意
  • 使用量に合わせ秤量し、使い切ってください。
  • 雨や水がかかると効果が減少するので圃場では雨が予想される時の処理はさけ、温室では処理後2〜3日は灌水がかからないようにしてください。
  • なるべく日中、乾燥時の使用はさけ、ナメクジ、カタツムリ類が活動をはじめる夕刻に使用してください。また雨上がりに使用すると効果的です。
  • 本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫
    防除所等関係機関の指導を受けることをおすすめします。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認する。特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。
安全使用・保管上の注意
  • 使用量に合わせて秤量し、使い切ってください。
  • 犬、猫などのペット類や家畜、家禽等が多量に食べると死亡するおそれがあるので、食べる可能性がある場所での保管及び使用はしないでください。
  • 保管・・・
    密封し、直射日光を避け、食品と区別して、冷涼・乾燥した所。
  • 空袋は圃場などに放置せず、適切に処理してください。
製造:サンケイ化学(株)