農薬情報>殺虫剤>天然物


特長
■種類:てんぷん水和剤
■有効成分:てんぷん・・・40.0%
■性状:類白色水和性粉末
■毒性:普通物
■有効年限:5年
■包装:500gx20袋、1kgx10袋
  • 有効成分は食品です。
    有効成分に使用されているデンプンは「ばれいしょ」と「キャッサバ」由来のもので、主にスープなどインスタント食品に広く使用されています。そのため、人畜・環境に対する安全性は非常に高い製剤です。
  • 作用は物理的な効果です。
    作用は主にデンプンの粘着効果によると考えられます。
    • きわめて速効的な効果
      散布を受けたハダニ類は、デンプンの粘着効果によって虫体を被覆、窒息させることで致命的なダメージを受けます。
    • 小型害虫に有効
      ハダニ類(ミカンハダニ、ナミハダニ、カンザワハダニ)、アブラムシ類、コナジラミ類の成虫に殺虫効果を示します。
    • 抵抗性発達のおそれがなく、既に抵抗性のついたハダニ・アブラムシにも有効です。
      虫体を被覆することで窒息させるので薬剤抵抗性発達のおそれがありません。また、有機リン剤、合成ピンスロイド、ピラゾール系など各種化学農薬に抵抗性が発達したハダニ類にも有効です。
  • IPM防除体系(性フェロモン、BT剤との体系)での使用に適しています。
    一部の微小害虫にしか効果がないので、天敵などへの悪影響はほとんどありません。
  • 有機農産物の生産に使用できます。
    JAS法で認定されています。遺伝子組換え作物由来のデンプンは使用していません。
  • 開花時の散布が可能です。
    マメコバチ、ミツバチに安全です。
適用害虫及び使用方法
作物名 適用病害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 総使用回数*
かんきつ ミカンハダニ 500〜1000倍 200〜700L/10a 収穫前日まで 散布
アブラムシ類 500倍
果樹類(かんきつを除く) ハダニ類、アブラムシ類 500倍
まめ科牧草 マメアブラムシ 150〜300L/10a
* 収穫物への残留回避のため本剤およびその有効成分を含む農薬の総使用回数の制限。
作物名「りんご、なし、いちじく」を削除
【希釈方法】
  • 成分のデンプンは水に溶けにくい性質があるので注意してください。
  • あらかじめ薬剤重量の10倍程度の水に溶かしてください。
  • その後所定量の水を張ったタンクに投入し、必ずよくかき混ぜてください。
使用上の注意事項
効果・薬害などの注意
  • 散布液が直接害虫にかからないと効果がないため、害虫にむらなく薬液がかかるよう、葉の表裏に丁寧に十分散布すること。
  • 散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせて調節する。
  • 害虫の卵に効果がなく、残効性も短いため、夏季高温時など害虫の増殖や圃場外からの飛び込みが活発な時には、5〜7日間隔の連続2回散布や他剤との輪番で使用すること。また、害虫の発生初期に散布することが望ましい。
  • テンプンの性質上、一気には溶解しにくいので、予め薬剤重量の10倍程度の水に溶かした後に所定量の水を張ったタンクに投入、攪拌することが望ましい。
  • 水を張ったタンクに一気に投入した場合、ダマが生じることがある。ダマが生じた場合は棒などで十分攪拌し溶け残りのないことを確認する。
  • 薬剤を投入した後に水を加えると多量の泡が生じる場合があるので避ける。
  • 薬剤散布後や機材洗浄時にタンク内に大量の泡が生じることがある。泡たちがひどい時は市販の消泡剤などで処理する。
  • 散布液製剤後はそのまま放置せず、できるだけ速やかに散布する。また散布機の循環装置(プロペラ、戻り水)を稼動させた状態で散布する。
  • 散布を中断した場合は再開する前には棒などで薬液を攪拌した後、十分溶解していることを確認して散布する。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用すること。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
安全使用・保管上の注意
  • 散布液調製時には保護眼鏡を着用して薬剤が眼に入らないよう注意する。(刺激性)
  • 皮ふに付着しないよう注意する。散布時は手袋、長ズボン・長袖の作業衣を着用する。付着した場合は、直ちに石けんでよく洗い落とす。(刺激性)
製造:住友化学(株)