農政>有機食品の検査認証制度

検査認証制度の仕組み

登録認定機関
生産行程管理者、製造業者の認定
有機食品の小分け業者の認定
輸入有機農産物の取扱い
有機食品に関する監視体制について(モニタリングから罰則までの流れ)
食品表示についてもっと知りたい時の問合せ先
農林水産大臣から認可を受けた登録認定機関(第3者認証機関)が生産行程管理者・製造業者・小分け業者・輸入業者を認定し、認定された生産行程管理者等が自ら格付(当該製品がJAS規格に適合しているかどうかを検査することによって行い、その結果JAS規格にJAS規格に適合していると判定することをいう。)を行い、有機JASマークを貼付する仕組みとなります。
            
登録認定機関
改正JAS法においては、認定の業務を適切に実施し得るものとして農林水産大臣の登録を受けた法人をいいます。登録認定機関は、生産行程管理者又は製造者からの申請に基づいて、その生産・管理の方法などについて調査を行い、ほ場又は工場ごとに認定することとしています。
登録機関となるためには、
  1. 申請者が十分な経理的基礎を有する法人であること
  2. 役員、職員などの構成、兼業の内容などが認定の公正な実施に支障を及ぼす恐れがないものであること
  3. 認定の業務に従事する者の資格および人員並びに認定の業務の管理に関する事項が農林水産大臣が定める基準に適合するものであること
が必要です。
登録認定機関は、認定に関する業務の実施方法に関し定めた認定業務規程について農林水産大臣の認可を受けなければならないこととしています。
 有機農産物及び有機農産物加工食品関係の登録認定機関リスト
生産行程管理者、製造業者の認定
生産行程管理者又は製造業者は、登録認定機関の設定を受けて、その生産又は製造する有機農産物などについて格付を行い、有機JASマークを付けることができます。
生産行程管理者とは、実際にその農産物の生産行程を管理し、又は把握している者をいいます。有機農産物でいえば、それを作る農家(生産者)や生産者組合などがこれに該当します。
生産行程管理者が登録認定機関の認定を受けるためには、有機農産物の生産管理や生産管理記録の作成などを適切に行い得るための体制が整っていることが必要です。
登録認定機関は、その認定した生産行程管理者又は製造業者に対し、定期的に実地の調査を実施し、認定生産行程管理者又は認定製造業者が引き続き認定の基準を満たしていることの確認(監査)を行うこととしています。
有機食品の小分け業者の認定
有機農産物の流通においては、小分け(箱詰めのものを小袋詰めにすることなど)により包装形態が変化することが考えられますが、この場合には、元の包装、送り状などに付されていた有機JASマークが小分けにより失われることとなるため、小分け後の農産物を有機農産物として流通させるためには、これに有機JASマークを付け直す必要があります。
このため、改正JAS法においては、有機農産物の小分け作業について適切な管理体制を整備している事業者を登録認定機関が認定し、この認定を受けた小分け業者のみが小分け後の農林物資への有機JASマークの再貼付を行い、「有機」表示をすることができる仕組みとしています。
ポストハーベスト処理、慣行栽培農産物との混合などがあった場合の措置
有機JASマークの貼付された有機農産物について、倉庫くん蒸の実施、慣行栽培農産物との混合など、JAS規格への適合性が失われる事態が生じた場合には、当該有機農産物の所有者である生産者、販売業者などはその有機JASマークを除去又は抹消しなければならないこととしています。従ってこのような場合には、これらの農産物に「有機」表示をすることができなくなります。
輸入有機農産物の取扱い
輸入農産物への「有機」表示についても、国内産のものと同様、表示規制の対象とし、「有機」表示のされた農産物に有機JASマークが貼付されていない場合には、輸入業者はこれを販売してはならないこととなります。(有機JASマークが貼付されていないものは、「有機」表示を除去しない限り販売できません。)
輸入有機農産物に有機JASマークを貼付するには、
  1. 外国生産行程管理者による有機JASマークの貼付
    登録外国認定機関(JAS制度と同等の格付制度を有する外国において、国内の登録認定機関と同様の要件を満たす機関として農林水産大臣が登録するもの)による認定を受けた外国の製造業者、生産行程管理者又は小分け業者が有機JASマークを貼付
  2. 認定輸入業者による有機JASマークの貼付
    有機農産物についてJAS制度と同等の格付制度を有する外国において、当該国の制度の下で認証を受けた有機農産物であって、そのことについて当該国の政府機関などが発行する証明書が添付されているものについて、登録認定機関による認定を受けた輸入業者が有機JASマークを貼付
なお、生産行程管理者および製造業の場合と同様、登録認定機関はその認定した小分け業者や輸入業者に対しても、定期的に実地の調査を実施し、引き続き認定の基準を満たしていることの確認を行うこととしています。
有機食品に関する監視体制について(モニタリングから罰則までの流れ)
JAS法改正においては、有機食品についての有機JASマークが付されていなければ「有機」の表示をしてはならないとの規制が導入されることになりますが、これがきちんと行われているかどうかは、農林水産消費技術センターなどが日常的にモニタリングすることになります。不適正が発見された場合には指導が行われますが、指導を受けても改善が見られない場合には、農林水産大臣による改善命令が出されます。この命令に従わない場合には、罰則が課せられることとなります。
なお、生産者が認定を受けずに有機JASマークを貼り付けた場合などにも罰則が課せられることとなります。
モニタリングから罰則までの流れ
(有機JASマークがないのに有機食品である旨表示して販売した場合)
食品表示についてもっと知りたい時の問合せ先
農林水産省(本省)
食品表示対策室
〒100-8950 東京都千代田区霞ヶ関1-2-1 03-3502-8111
内線 4863、4862
東北農政局 〒980-0014 仙台市青葉区本町3-3-1
仙台合同庁舎
022-263-1111
関東農政局 〒330-9722 大宮市北袋町1-21-2
さいたま新都心合同庁舎2号館
048-600-0600
北陸農政局 〒920-8566 金沢市広坂2-2-60
金沢合同庁舎
0762-63-2161
東海農政局 〒460-8516 名古屋市中区三の丸1-2-2 052-201-7271
近畿農政局 〒602-8054 京都市上京区西洞院通り下長者町下ル 075-451-9161
中国四国農政局 〒700-8532 岡山市下石井1-4-1
岡山第2合同庁舎
086-224-4511
九州農政局 〒860-8527 熊本市二の丸1-2
熊本合同庁舎
096-353-3561
小樽農林水産
消費技術センター
〒047-0007 小樽市港町5-3
小樽港湾合同庁舎
0134-33-5969
仙台農林水産
消費技術センター
〒983-0842 仙台市宮城野区五輪1-3-15
仙台第三合同庁舎
022-293-3931
東京農林水産
消費技術センター
〒330-9731 大宮市北袋町1-21-2
さいたま新都心合同庁舎検査棟
048-600-2350
横浜農林水産
消費技術センター
〒231-0003 横浜市中区北仲通り5-57
横浜第二合同庁舎
045-201-7413
名古屋農林水産
消費技術センター
〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-2-2
名古屋農林総合庁舎2号館
052-2332-2029
神戸農林水産
消費技術センター
〒651-0082 神戸市中央区小野浜町1-4 078-331-7661
岡山農林水産
消費技術センター
〒700-0907 岡山市下石井1-4-1
岡山第2合同庁舎
086-222-6926
門司農林水産
消費技術センター
〒801-0841 北九州市門司区西海岸1-3-10
門司港湾合同庁舎
093-321-2661