農薬情報>

農薬の登録制度とは?

農薬の登録制度
農薬登録の仕組み
農薬登録検査の試験項目
農薬の開発
安全使用基準の仕組み

農薬は、農林水産省登録品を・・・
農薬登録のない商品には、人・作物・環境に対する安全性の裏付はありません。農耕地用には、農林水産省の登録番号のついている農薬をお選び下さい。数十項目におよぶ厳しい検査により安全性が実証されています。
農林水産省・緑の安全推進協会・全国農薬協同組合・農薬工業会
農 薬 の 登 録 制 度
  • 農薬の品質の適正化と安全かつ適正な使用の確保を図り、農業生産の安定、国民の健康の保護、国民の生活環境の保全を図るため、農薬取締法に基づき登録制度を設けています。
  • 農薬の製造業者および輸入業者が国内で農薬を販売しようとする場合には、あらかじめその農薬を農林水産大臣に登録しなければなりません。農薬の登録を受けようとする者は、農林水産大臣に対し、農薬登録申請書、農薬の薬効、薬害、毒性および残留性に関する試験成績並びに農薬の見本を提出しなければなりません。
  • 提出された試験成績などをもとにして、環境庁が毒性学の専門家の協力を得て定めている登録保留基準などに照らし、厳正な検査を行い、安全性が確認できたものについてのみ、人畜、環境に影響が及ばないよう、適正な使用方法を定めて農薬登録を行っています。
トップへ
農 薬 登 録 の し く み
トップへ
農薬登録検査の試験項目
1.有効成分の分析方法
2.物理的化学的性状
3.農薬成分(原体の物性、製造法、不純物、製剤の組成など)
4.安全性評価関係
毒性に関する試験成績
急性経口毒性試験成績
・績急性経皮毒性試験成績
・急性吸入毒性試験成績
・皮膚刺激性試験成績
・眼刺激性試験成績
・皮膚感作性試験成績
・急性神経毒性試験成績追加)
・急性遅発性神経毒性試験成績
90日間反復経口投与毒性試験成績
・21日間反復経皮投与毒性試験成績
・90日間反復吸入毒性試験成績
・反復経口投与神経毒性試験成績追加)
・28日間反復投与遅発性神経毒性試験成績
1年間反復経口投与毒性試験成績
発ガン性試験成績
繁殖毒性試験成績
催奇形性試験成績
変異原性に関する試験成績(復帰突然変異試験成績、染色体異常成績試験、小核試験成績)
生体機能への影響に関する試験成績
動物体内運命に関する試験成績
・植物体内運命に関する試験成績
・土壌中運命に関する試験成績
・水中運命に関する試験成績追加)
水産動植物への影響に関する試験成績(魚類急性毒性試験成績、ミジンコ類急性遊泳阻害試験成績、藻類生長阻害試験成績)
・水産動植物以外の有用生物への影響に関する試験成績
・有効成分の性状、安定性、分解性などに関する試験成績
・水質汚濁性試験成績
残留性に関する試験成績
・農作物等への残留性に関する試験成績
・土壌への残留性に関する試験成績
・水中残留性
5.薬効、薬害
・薬効
・適用作物に対する薬害
・周辺作物への薬害
・後作物への影響
6.有用動植物(蚕、みつばち等)に対する影響
トップへ
農 薬 の 開 発
農薬の開発は、化合物の検索、安全性などを確認するため多種の試験の実施が必要なことから、データの作成のため、長期間(10数年)と多額の経費(約40〜50億円)を要します。
新 農 薬 の 研 究 開 発 過 程
(農薬工業会作性調べ)
過程 研究
段階
開発段階 登録
段階
市販
段階
T U V
項目 年次 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
化学研究 合成、生物活性検定
類緑化合物の検索
薬効薬害試験 ポット特性試験
小規模圃場試験
委託圃場試験、適用拡大
毒性試験 急性毒性(経口、経皮、吸入)
刺激性(皮膚、眼、アレルギー)
変異原性
催奇形性
次世代への影響(3世代)
亜急性毒性
慢性毒性(2年2動物)
代謝試験 ラベル化合物合成(動物、作物、土壌)
予備試験 予備試験、試料作成、分析(動物、作物、土壌)
環境科学的試験 魚毒性 魚介濃縮性
蚕、ミツバチ、鳥、天敵
製造研究など 分析法(原体、製剤、残留)
原体製造研究、プラント設計、製造、設備、投資 生産
製剤研究 規格など 設備投資
特許 出願 審査請求 公告
登録申請 申請 承認 販売
トップへ
安全使用基準などのしくみ
農薬残留基準と農薬安全使用基準との関係
安全な残留量の基準 食品衛生法
(厚生省)
農薬取締法
(環境庁)
農薬に関する食品の規格基準(残留基準)の設定(食品衛生法第7条)
[各食品(作物)ごとの農薬の許容量(ppm)]
農薬取締法第13条第1項第4号から第7号までに揚げる場合に該当するかどうかの基準(農薬登録保留基準)の設定
[各作物ごとの農薬の許容量(ppm)]

農作物
安全な残留量の基準を守るための使用方法の基準
農薬安全使用基準の設定(農薬取締法12条の6)
[農作物ごとの使用時期・使用回数などの使用方法]
適正な使用方法(適正使用基準−仮称)の設定
[農作物ごとの使用時期・使用回数などの使用方法]
農薬取締法
(農林水産省)
トップへ

農薬情報トップへ
グリーンジャパン