農薬情報>殺虫殺菌剤


特長
■有効成分:オレイン酸ナトリウム・・・20.0%
■性状:淡黄色澄明液体
■毒性:普通物
■有効年限:5年
■包装:1Lx12本、5Lポリ缶x4
■作用機構分類:HRAC Z[オレイン酸ナトリウム]
  • 食品添加物に指定されているオレイン酸ナトリウムを有効成分とし害虫の呼吸器官である気門を封鎖することにより窒息死させます。幅広い作物に使用でき、安全性が高く抵抗性もつきにくい殺虫剤です。
  • 本剤の害虫に対する作用機作は、気門封鎖による窒息死です。
    害虫への抵抗性発達のおそれはなく、合成ピレスロイド剤等による抵抗性害虫にも効果が期待できます。
  • 本剤のうどんこ病に対する作用機作は、細胞膜破壊によるものです。
  • 本剤の有効成分であるオレイン酸ナトリウムは、食品添加物に指定されています。
  • 収穫前日まで使用可能です。
  • 環境や天敵、ミツバチなど有益昆虫に対する影響が少ない殺虫剤です。
適用病害虫及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 散布液量
野菜類(いちごを除く) アブラムシ類 100倍 散布 発生初期〜収穫前日まで 100〜300L/10a
コナジラミ類 100〜300倍 散布 発生初期〜収穫前日まで
いちご うどんこ病 100倍 散布 発病初期〜収穫前日まで
アブラムシ類 100倍 散布 発生初期〜収穫前日まで
コナジラミ類 100〜300倍 散布 発生初期〜収穫前日まで
果樹類(なしを除く) アブラムシ類 100倍 散布 発生初期〜収穫前日まで 200〜700L/10a
なし アブラムシ類 100〜200倍 散布 発生初期〜収穫前日まで
きく アブラムシ類 100倍 散布 発生初期〜収穫前日まで 100〜300L/10a
ばら アブラムシ類 100倍 散布 発生初期〜収穫前日まで
使用上の注意事項
効果・薬害などの注意
  1. 本葉6〜7枚期までの散布は薬害のでる恐れがあるので避けてください。
  2. 高温時の散布は薬害の生じる恐れがあるので避けてください。
  3. 散布直後の降雨は効果を減ずるので、天候を見極めてから散布してください。
  4. アルカリ性剤のため、他の薬剤との混用または近接散布には注意してください。
  5. 病害虫の発生が多い場合は効果が十分に発揮されないこともあるので、5日前後の間隔で連続散布してください。
  6. 使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。
  7. 適用作物群に属する作物又はその新品種に初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。
  8. 眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。使用後は洗眼してください。
安全使用・保管上の注意
  1. 直射日光を避け、食品と区別して、なるべく低温で子供の手の届かない場所に密栓して保管してください。
  2. 低温期には凝固することがありますが、融解後の成分に影響はありません。
製造・販売:OATアグリオ(株)
グリーンジャパンホームへ