農薬情報>殺虫剤


特長
■種類名:カルタップ粒剤
■有効成分:カルタップ塩酸塩・・・4.0%
■性状:類白色細粒
■毒性:劇物
■有効年限:4年
■包装:3kgx8
■作用機構分類:IRAC 14[カルタップ]
  1. パダンはドロオイムシが加害するほぼ全期間にわたって稲を守ります。
  2. パダンは育苗箱処理でニカメイチュウ(一世代)を防除できます。
  3. パダンはイネミズゾウムシにも他剤をしのぐ効果があります。
イネドロオイムシ
イネミズゾウムシ
適用及び使用方法
作物名 適用病害虫 使用量 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 カルタップを含む農薬の総使用回数
アザミウマ類 3〜4kg/10a 手、又は散粒機で田面に均一に散粒する。 収穫30日前まで 6回以内 6回以内(但し、種もみ浸漬は1回以内、床土への混和及び育苗箱への処理及び側条施用は合計1回以内)
コブノメイガ
サンカメイチュウ第3世代 4kg/10a
ニカメイチュウ 3〜4kg/10a
フタオビコヤガ
イネツトムシ
スクミリンゴガイ(食害防止) 4kg/10a
稲(箱育苗) イネゾウムシ幼虫 育苗箱1箱あたり80〜100g は種前に育苗箱床土に均一に混和するか、又は移植当日に育苗箱中の苗の上から均一に散粒する。 は種前又は移植当日 1回 6回以内(但し、種もみ浸漬は1回以内、床土への混和及び育苗箱への処理及び側条施用は合計1回以内)
イネミズゾウムシ 育苗箱1箱あたり60〜100g
イネドロオイムシ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり50〜100g
イネハモグリバエ
コブノメイガ
ニカメイチュウ 育苗箱1箱あたり80〜100g
ツマグロヨコバイ 育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱あたり50〜100g
スクミリンゴガイ(食害防止) 育苗箱1箱あたり60〜100g
はとむぎ アワノメイガ 4kg/10a 散布 収穫14日前まで 2回以内 2回以内
イネヨトウ
とうもろこし アワノメイガ 6kg/10a 株の上から均一に散粒する。 収穫7日前まで 2回以内 2回以内
ひえ アワノメイガ 4kg/10a 散布 収穫21日前まで 2回以内 2回以内
だいこん キスジノミハムシ 4kg/10a 覆土後土壌表面散布 は種時 3回以内 3回以内
株元散布 生育期(但し、収穫7日前まで)
ふき フキノズイバエ 6kg/10a 散布 収穫7日前まで 2回以内 2回以内
ほうれんそう ミナミキイロアザミウマ 6kg/10a 土壌表面散布及び茎葉散布 は種時及び発芽揃時 2回以内 2回以内
まこもたけ ニカメイチュウ 4kg/10a 散布 収穫75日前まで 3回以内 3回以内
ふき(ふきのとう) フキノズイバエ 6kg/10a 散布 収穫21日前まで 2回以内 4回以内(但し、水溶剤の処理は2回以内、粒剤の処理は2回以内)
上手な使い方
専用の計量カップで所定量の薬剤を計る。 徒長の少ない健苗に使用し茎葉に付着した薬剤を軽く払い落とす。 苗をいためぬように取り出す。
移植後直ちに2〜3cm(土綿が露出しないよう)の水深に湛水する。 薬剤処理当日に移植する。 薬剤が落ちないように注意し田植機にセットする。
試験成績
イネ体中のパダン濃度消長とイネドロオイムシに対する効果

昭和50 新潟県農業試験場
ニカメイチュウに対する効果

昭和50 長野農試
イネミズゾウムシに対する効果
昭和52年から
最近までの
全試験例(24)
の平均値
パダン粒剤 A粒剤
(有機リン系)
B粒剤
(カーバメイト系)
無処理
80g/箱 100g/箱
幼虫・土まゆ数
(無処理対比)

26.8 50.3 81.5 100
アワノメイガについて
  • 生態
    年2〜3回発生します。成虫は、出穂後まもなくの若い穂を特に好んで産卵します。ふ化した幼虫も若い雄穂に好んで食入し、食入後は茎内やさらに雌穂に移動します。
  • 被害
    幼虫が葉柄基部から雄穂茎内に食入して、加害部が折れたり、雌穂に食入して商品価値を著しく低下させます。

使用上の注意事項
効果・薬害などの注意
  • 使用量に合わせ秤量し、使いきってください。
  • 本剤は田水中で粒形が崩壊しなくても成分は速やかに溶出しますので薬効に影響はしません。
  • 水面施用の場合の注意事項
    1. 3cm前後の湛水とし、田面に均一に散布し散布後4〜5日間は湛水状態を保ち、散布後7日間は落水やかけ流しはしないでください。
    2. 漏水の激しい水田では使用しないでください。(散布後4〜5日間は湛水状態にして、落水やかけ流しをしないことで最も高い防除効果を発揮するが、ひたひた水程度の湛水状態でもコブノメイガやイネツトムシに防除効果が期待できます。)
  • 育苗箱施用の場合の注意事項
    施用前に必ず農業技術者の指導を受け、各府県の防除基準に従って使用してください。
    粒状タイプのパダンを育苗箱施用する場合は必ずパダン粒剤4(単剤)、デラウスパダン粒剤、パダンビーム粒剤あるいはパダントレボン粒剤Lを使用し、他の混合粒剤は使用しないでください。
    1. 使 用 量:薬量は正確に計り、手でむらなく散粒し、茎葉に付着した薬剤を軽く払い落としてから田植機にかけて移植してください。
    2. 使用時期:施用は必ず移植当日に行ってください。施用から移植までの時間が長いと薬害を生じやすくなるのでなるべく移植直前(2〜3時間以内)に施用してください。特に薬害を生じやすい条件の場合には移植直前に施用してください。(薬害)
    3. 苗 質:必ず健苗に使用し、軟弱徒長苗には使用しないでください。(薬害)
    4. 灌 水:薬剤がぬれた葉に付着しないように、散布直前の灌水はさけてください。(薬害)
    5. 代 か き:代かきはていねいに行い、移植後田面が露出しないようにしてください。(薬害)
    6. 水 管 理:移植後は直ちに入水し、水深2〜3cm程度を保ち、浅水はさけてください。(薬害)
    7. 植 付 深:深植にならないよう注意してください。(薬害)
    8. 温 度:移植後低温が続き苗の活着遅延が予測される時や極端な早植・冷水がかりなど低温障害の起こりやすい場所では使用をさけてください。また移植後極端な高温(30℃以上)が続くと予測される場合も使用をさけてください。(薬害)
    9. 本 田:砂質土壌の水田や漏水田・未熟堆肥多用田での使用はさけてください。(薬害) 212
    10. ニカメイチュウに対する効果:育苗箱施用の場合、薬剤施用からニカメイチュウ発生までの期間が長い場合(早期栽培など特に薬剤施用が早い場合やニカメイチュウ第1世代の発生がおくれた場合など)には十分な効果が期待できません。
    11. イネゾウムシへの効果:本田でのふ化幼虫の密度を下げ次世代の成虫加害を低下させる目的として使用してください。越冬成虫に対する効果は期待できません。
  • 育苗前床土混和の場合の注意事項
    1. 使用量・使用時期・使用方法を厳守してください。使用量は所定の範囲内のなるべく低薬量で使用してください。
    2. 予め薬害に関しては安全性の確認されている床土を使用してください。(薬害)
    3. 覆土への混和はさけてください。(薬害)
    4. 土壌の種類によっては育苗期間中に薬害(葉先枯・巻葉)を生じることがあるので、次の土壌には使用しないでください。
      1. 火山灰性の畑土・山土(りん酸吸収係数2000以上の土壌)
      2. 砂土など有機物の含量の少ない土壌
      なお薬害を生じやすい土壌はモンモリロナイト(粘土の一種)に富む育苗資材を床土に5%(重量比)程度混和することにより薬害を軽減できることがあります。
    5. 苗が軟弱徒長にならぬよう健苗育成につとめてください。(薬害)
    6. 育苗に適した土壌pH5付近に調整してください。(薬害)
    7. その他移植時の注意事項は育苗箱施用の項を参照してください。
  • だいこんに使用する場合の注意事項
    つまみ菜、間引き菜として食用に供しないでください。
  • とうもろこしに使用する場合の注意事項
    アワノメイガのふ化盛期に、雄穂および雌穂にもよくかかるよう株の上から均一に散布してください。
  • スクミリンゴガイに使用する場合の注意事項
    1. スクミリンゴガイには殺貝効果がないので、食害防止効果を目的に使用してください。
    2. 水田以外の貝の生息地には絶対に使用しないでください。
    3. 育苗箱処理はスクミリンゴガイに効果の持続が十分でないことがあるので、本貝に有効な本田処理剤や耕種的防除法との組合わせで使用してください。
安全使用・保管上の注意
  • 桑葉、蚕室、蚕具に絶対にかからないようにしてください。汚染桑は給桑しないでください。本剤散布作業衣での養蚕作業はしないでください。
  • 水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養魚田では使用しないでください。また、本剤を使用した苗は養魚田に移植しないでください。
  • 水産動植物(ドジョウ)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。養殖池等周辺での使用はさけてください。
  • 散布後または移植後は、水管理に注意してください。
  • 散布時は農薬用マスク・手袋・長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。
    作業後は顔や手足など露出部を石けんで洗い、うがいをしてください。
  • 医薬用外劇物ですので取扱いには十分注意してください。誤って飲み込んだ場合は吐き出させ、至急医師の手当てを受けさせてください。使用中に身体に異常を感じた場合は直ちに医師の手当てを受けてください。
  • 本剤による中毒に対しては動物実験でL−システイン製剤の投与が有効であると報告されています。
  • 眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当てを受けてください。(刺激性)
  • 皮ふに付着しないように注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。(弱い刺激性)
製造: 住友化学(株)