関連記事>

化学農薬を有効活用=環境調和も配慮=工夫改良

日本植物防疫協会 藤田 主査

「環境調和を目指した農薬と防除技術の展望」というシンポジウムで出された見解は?
98年秋に基本問題調査会が環境に調和した持続的な農業を提案しているわけですが、そこでは化学肥料や農薬の使用量低減が記されています。その一方で、昨年、植物防疫事業の改善についての検討会が行われています。環境に調和した持続的な農業は充分わかるわけですが、どこか悪くて、何をどう改善したら望ましい姿になるのかとなると、正直言って非常に難しいのです。
IPMといいますけれども、現状では総合的な病害虫管理なのではといった現状認識を含め、非常にあいまいなところがあります。いま現実にいろんな分野で行われている防除の中に、既にいわば目的を達しているものもあります。
農薬や化学肥料の環境負荷を大きく取り上げる傾向は?
端的にいうと、環境調和の課題というよりも、化学肥料や農薬が環境負荷を大きく欠けているという認識がまず前提になっていると考えられます。化学肥料は今日まで確かに多投型で進められてきました。しかし、農薬がどれだけ環境負荷をかけてきたのかとなりますと、たいへん情緒的な認識になっています。個別にきちんと精査したわけではなく、なんとなく雰囲気でそう思い込んでいます。化学農薬が果たしてどのくらい環境負荷をかけているのでしょうか?昔の農薬が環境負荷をかけ、人畜毒性の面からも問題があったことは事実といって良いでしょう。いまだに土壌蓄積され悪影響を及ぼしている面も一部にあります。しかし、それは過去の問題であって、現在使われている農薬の問題ではありませんし、正しく認識しなければならないことは、現在使用されている農薬はそうした弊害を極めて起こしにくくしているという事実です。昔の農薬イメージで最新の農薬を判断してもらっては困ります。有効成分投下量にしても、今では単位面積あたりで数グラムで効くようになっており、投下量は昔と比較にならないほど減少してきています。活性範囲についても、昔の殺虫剤ですと天敵を含めどんなものにも効いてしまいました。ところが今日では、特定されたものにしか効かなくなっており、人間はもとより、その他のものには影響を及ぼさないようになっています。断言するつもりはありませんが、農薬が日本の国土や環境に無視できないほど大きな悪影響を与えているという事実は、これまでのところ見出されていないようです。
農薬が環境を害しているというのが確かな事実だとしたら、農薬はたいへん重大な
問題を抱えていることになりますね?
そういうことになります。しかし、環境への配慮はほとんど十分になされているし、正しく使われれば環境負荷はもう起こらないと考えるのが相当だと思います。今後は、ますます厳しいハードルが設定され、それをクリアして行くとしたら、むしろ安全性が高まると認識すべきではないでしょうか。より高い次元での農薬の使い方といいましょうか、一層の安全性を追求し環境負荷の低減を図るのであれば、化学農薬から離れ代替技術を探るといったアプローチではなく、化学農薬にこそ本腰を入れるべきでしょう。 コストなり作業性を考慮した場合、大いに評価できるとなれば、今後より多くの人に満足してもらうために、どんな工夫が必要なのかが問われるはずです。たとえば製剤を考えますと、既に新たに改良されたものが登場していますし、これらは環境負荷低減の視点からも、従前のものよりはるかに優れたものですし、こうした可能性は今後とも十分に発揮されるでしょう。 同じ有効成分であっても、製剤を変えることにより、安全性を飛躍的に向上させうるのですから、この種のアプローチを忘れてはならないと思います。
施用技術面からの提言となりますと、どうでしょうか?
施用技術的には、次のようなことが指摘できるのではないでしょうか?たとえば液体散布する以上、当然のこと作物についている病害虫を標的にしたいわけです。いちいちハンドスプレーを用意してそれを使うわけにもいきませんから、ある程度一面に散布していきます。その代表例がご存知の空中散布ですが。そうしますと、結果的にはまかなくてもいいところにもまいてしまいます。地表面は全て緑で覆われているわけではありませんから、土に落ちたりあるいは飛び散って蒸発することもあります。この無駄になる量は無視できない量なのです。これまでの散布技術によると、標的にきちんと届いている量はかなり少なく、100を散布したとすると、有効利用されるのはその数パーセントと見ていいでしょう。ですから、処理法を改良すれば、100散布したうちの30なり50を有効利用できます。逆に言えば散布量自体を減らすことが出来、環境への負荷も減少させることが出来ます。こうした施用技術上の改良も考えられます。現実にそうした施用技術が開発されていますが、この面と先ほどの製剤上の工夫を進めれば有効な少量散布が可能です。できる範囲での改善改良はまだほかにもいくつかあると思います。
やはり、化学農薬の安全活用は捨てがたいと見ていいのでしょうか?
いま生物防除がいろいろ話題にもなっています。化学農薬からまず離れようとしているようです。しかし、生物防除だけで防除は達成されないことは明白ですし、また技術的に困難な問題が数多くあるのです。化学農薬を環境安全に配慮した格好で使用していく道を、もっと真剣に検討して行くことが必要だと思っています。