農薬情報>殺菌剤


特長
種類名 ピリオフェノン水和剤
有効成分 ピリオフェノン・・・26.8%(W/W)[30.0%(W/V)]
性状 類白色水和性粘稠懸濁液体
毒性 普通物
安全性 製品安全データシート石原バイオサイエンス(株)へのリンク)
有効年限 3年
包装 (100mlx10本)×2箱
作用機構分類 FRAC 50(B6)[ピリオフェノン]
  • うどんこ病菌の様々なステージに作用
    付着器、吸器、胞子の形成、菌糸の伸長に作用し、うどんこ病菌の生育に関わる様々なステージにおいて阻害効果を発揮します。
  • 各種うどんこ病菌に優れた効果
    既存の薬剤とは異なる新しい作用機構を持ち、きゅうり、なすなどの表皮寄生性のうどんこ病はもとより、防除が困難な内部寄生性のうどんこ病にも高い効果を示します。
  • サニテーション効果(次世代菌密度低減効果)により、病害の拡大を抑える
    うどんこ病の胞子形成を強く阻害し、胞子飛散による病害の拡大を防ぐことで、次世代の菌密度を効率的に抑えます。
  • マルチスプレッド効果で作物をしっかり守る
    成分が速やかに葉内で拡散し、吸器形成を強く阻害することで病斑の拡大を抑え、安定した防除効果を発揮します。
  • 天敵、有用昆虫に対する高い安全性
    訪花昆虫や天敵に影響がほとんどなく、総合防除(IPM)に適合した薬剤です。

プロパティフロアブルの製品ページへ
(製造・販売元 石原バイオサイエンス(株)へのリンク)

適用病害虫及び使用方法
作物名 適用病害虫 希釈倍数 使用方法 使用時期 本剤の使用回数 散布液量 ピリオフェノンを含む農薬の総使用回数
小麦 うどんこ病 
3000〜4000倍 
散布 
収穫3日前まで 
3回以内 
60〜150L/10a 
3回以内 
かぼちゃ うどんこ病 
3000倍 
散布 
収穫前日まで 
2回以内 
100〜300L/10a 
2回以内 
きゅうり うどんこ病 
3000〜4000倍 
散布 
収穫前日まで 
3回以内 
100〜300L/10a 
3回以内 
すいか うどんこ病 
3000〜4000倍 
散布 
収穫前日まで 
3回以内 
100〜300L/10a 
3回以内 
メロン うどんこ病 
3000〜4000倍 
散布 
収穫前日まで 
3回以内 
100〜300L/10a 
3回以内 
トマト うどんこ病 
3000倍 
散布 
収穫前日まで 
2回以内 
100〜300L/10a 
2回以内 
ミニトマト うどんこ病 
3000倍 
散布 
収穫前日まで 
2回以内 
100〜300L/10a 
2回以内 
ピーマン うどんこ病 
3000倍 
散布 
収穫前日まで 
3回以内 
100〜300L/10a 
3回以内 
なす うどんこ病 
3000倍 
散布 
収穫前日まで 
3回以内 
100〜300L/10a 
3回以内 
さやえんどう うどんこ病 
3000倍 
散布 
収穫前日まで 
3回以内 
100〜300L/10a 
3回以内 
いちご うどんこ病 
3000〜4000倍 
散布 
収穫前日まで 
3回以内 
100〜300L/10a 
3回以内 
日本なし うどんこ病 
3000〜4000倍 
散布 
収穫3日前まで 
3回以内 
200〜700L/10a 
3回以内 
りんご うどんこ病 
3000〜4000倍 
散布 
収穫3日前まで 
2回以内 
200〜700L/10a 
2回以内 
ぶどう うどんこ病 
3000倍 
散布 
収穫3日前まで 
3回以内 
200〜700L/10a 
3回以内 
かき うどんこ病 
3000〜4000倍 
散布 
収穫3日前まで 
3回以内 
200〜700L/10a 
3回以内 

混用事例石原バイオサイエンス(株)へのリンク)
プロパティフロアブルの製品ちらし (石原バイオサイエンス(株)へのリンク)
プロパティフロアブルの技術資料 (石原バイオサイエンス(株)へのリンク)

うどんこ病防除に2つの効果
サニテーション効果
胞子形成を著しく阻害し、次世代の病原菌密度を低下させます。

マルチスプレッド効果
マルチスプレッド効果により、葉内のあらゆる方向に広がった有効成分が一定期間留まることで安定した防除効果が得られ、残効性や耐雨性の向上に寄与します。
使用上の注意事項
効果・薬害などの注意
  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使い切ってください。
  • 使用直前に容器をよく振ってください。
  • 出来るだけ発病前または発病初期に散布してください。
  • 使用液量は対象作物の生育段階、栽培形態および散布方法に合わせ調節してください。
  • 本剤の使用にあたっては、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は病害虫防除所等関係機関の指導を受けるようにしてください。
安全使用・保管上の注意
  • かぶれやすい体質の人は、取扱に十分注意して下さい。
  • 密封し、直射日光をさけ、食品と区別して、冷涼なところに保管してください。
販売:石原バイオサイエンス(株)