TOPICS>2000年6月

平成12年度 農薬危害防止運動 実施中

農薬適正使用
安心がいいね。自然にもあなたにも、そして私にも・・・
農薬による事故等は、農薬に関する正しい知識の欠如に起因する場合が少なくないので、農薬の性質及び作用、その危害の防止法、その適正な使用及び保管管理の方法等を広く 周知徹底させるとともに、関係法令等の周知を図ることを目的として、実施されます。
実施期間:原則として平成12年6月1日から同年6月30日迄の1ケ月間
農林水産省・厚生省・都道府県共催

  1. 農薬散布者の不注意等に起因する事故を未然に防止しましょう。
    −ちょっと待て、ラベル読んだか、散布前−
    1. 保管管理の不良による老人、子供の誤飲を防ごう。
    2. 散布前日、散布作業後に飲酒、夜更かしを慎もう
    3. 体調の優れない状態での散布作業はしないように
    4. 農薬用マスク・保護メガネ等の防護装備は充分に
    5. 炎天下での長時間散布はしない。朝夕の涼しい時間帯で2-3時間交代で行う
    6. 散布途中での喫煙、散布後の農薬が付着した手での食事はしない
    7. 薬液を浴びないよう防除機等の点検を充分行う
    8. 使用面積に合わせた薬液作りに心がけ、残液処理も関係法令を遵守する
    9. 種子消毒剤等農薬の廃液処理は、周辺環境へも配慮し関係法令を遵守する(廃液処理装置等を利用し、河川等に安易に流すことの無い処理方法で)
    10. 不要になった農薬の不適切な処分をしない、又保管管理も適切に行う
    11. 農薬の空容器、空袋は、産業廃棄物です。適正処理を行いましょう
  2. 農作物や樹木・芝生等に散布し、病害虫防除する薬剤は、農薬登録が必要です。
    農薬は作物毎に病害虫別に使用方法が登録で定められています。
    用途外使用や無登録農薬の使用は絶対しないよう心がけましょう。
    農薬は、適正に使用されることにより、安全が化学的に担保されています。
    農薬の安全かつ適正な使用の確保及び適切な保管管理の徹底は、農業生産の安定 のみならず、国民の健康の保護及び生活環境の保全の観点からも極めて重要です。
    農薬は 正しく使って 正しい保管。
    農薬に関わる全ての人たち(使用・流通・製造)により国民に安全・安心農産物を !

グリーンジャパンホームへ