今月のトピックス>
著者/福田秀夫
発行年/2000年11月
版型・ページ数/A5判・240頁
本体価格/2,800円(税・送料別)
ISBN 4-87326-348-4

本書の主な内容


本書は、著者の「農薬も正しい歴史を残さなければならない」という強い思いから、これまでの実体験の一端に触れ、農薬の安全性について納得していただけるよう心がけ、『今月の農業』に連載したものに加筆し出版されたものです。
ゴルフ場農薬問題に端を発した「農薬叩き」は、ここに来て沈静化したかに見えます。しかし、農薬の安全性を啓発していくことは永遠でなければなりません。
このことは、農薬工業会・(社)緑の安全推進協会を中心に実践されているところですが、本書もその一助となるものです。

目次


1.はじめに
2.トキの衰退と農薬に関する偏見、その他
3.「毒性」という言葉に対する誤解
4.直接的な毒性に対する偏見
5.食べ物の安全を確保するために
6.食べ物の危険性の実態
7.安全性に対する誤解と実態
8.農薬と水銀に関する偏見
9.農薬使用量の実態と偏見
10.無農薬という信仰
11.農薬はどこまで減らせるか
12.農薬出荷量の実態
13.環境の中の農薬
14.大気の中の農薬
15.土と農薬
16.ゴルフ場農薬への偏見と実態
17.昔の農薬に対する偏見と実態
本書のご注文、詳細は・・・
化学工業日報社
化学工業日報社 出版局
TEL: 03‐3663‐7932
FAX: 03‐3663‐7275