農薬情報>除草剤>畑作用>タッチダウンIQ

試験成績

スピーディで確実な吸収を促進する独自の界面活性剤


葉の表皮細胞への影響
タッチダウンiQは、葉の表皮細胞(クチクラ)を傷つけることなく有効成分が浸透するため、雑草の活動を利用して、他の部位へのスムーズな有効成分の移行を促進します。
タッチダウンiQ

グリホサートA剤
【試験方法】
それぞれ所定の希釈液を雑草の葉に20μ滴下。
滴下処理5日後、クチクラの状態を電子顕微鏡で観察。

葉面上での拡展性
【試験方法】
100倍液に希釈した薬液を0.25ml敵下。
【試験方法】
散布日:7月27日、100倍散布
調査日:8月27日(31日後)

雑草への活性成分取り込み量について
対象雑草:ショウジョウソウ(トウダイグサ科一年生)