野菜と果物

緑茶

日本では一般的にお茶は、飲むものとされていますが、島根のぼてぼて茶、富山のばたばた茶、沖縄のぶくぶく茶など、食べるお茶もあります。
調理と食べ方
  • 緑茶にはビタミンE、カロチンなどの成分も豊富ですが、これらは飲むだけでは摂れません。茶殻は捨てずに料理に使いましょう。
  • 抹茶も積極的に取り入れましょう。
  • 茶殻のふりかけ、天婦羅のころも、抹茶を料理に使うなど、食べることで摂取できます。
健康効果
  • 緑茶に含まれるカテキン(一般的にタンニンと呼ばれる苦味成分)が注目され、ガンの予防、花粉症やアレルギー性皮膚炎などに効果があるといわれています。
  • また、筋肉などを収縮させる作用があり、止血・抗菌・鎮痛効果があります。
  • フラボノイドは口臭を防ぎ、血管の柔軟性を保ち、血圧を下げる効果があります。
  • 緑茶は、ビタミン類の中では特にCが豊富で、カゼ予防、美肌効果、動脈硬化の予防、血糖値低下の効果も得られます。
選び方
  • 用途にあわせて種類を決める
  • 保存を考えて量を買いすぎないようにする
  • 新しいものを選ぶ

グリーンジャパン