野菜と果物

めキャベツ

メキャベツはキャベツの仲間で、原産はベルギーのブリュッセルです。
小さなキャベツのような形ですが、1メートル程度の葉茎に沿ってびっしりとなり、1株で50〜60個、暖かい土地ででは100個近くも収穫することができます。
調理と食べ方
  • もともと巻きが固く火が通りにくく苦みもあるため、下ゆでによりアクを抜いてから調理をします。
  • ゆでる時間は、いためもので5分、煮込み用で2分程度です。
  • 外側の葉を1〜2枚むき、茎に十文字の切り込みを入れるとむらなく早くゆでられます。
  • ゆでると甘みが出ますので、そのままでもおいしく食べられます。
  • 12月から2月までのものが、やわらかく甘みが多いです。
  • 芥子醤油や酢味噌和えにすると和風風味が楽しめます。
  • ベーコンと相性がよいので煮込んでもよく、ソテー、シチュー、バター煮、グラタンなど形や彩を生かした調理が楽しめます。
健康効果
  • ビタミンCがレモンの1.5倍、キャベツの3倍も含まれ、野菜の中でもトップクラスの含有量です。4個で1日分のビタミンC摂取量がまかなえます。
  • また、カロチンも多く含まれ、ビタミンCとのダブル効果でガン予防になります。
  • ビタミンB2も豊富で、糖質や脂肪、たんぱく質をエネルギーに変える働きがるため、過酸化脂質の生成が抑えられて、動脈硬化の予防になります。
よいめキャベツの選び方
  • 緑色が濃く、巻きがしっかりしているもの。
  • 見た目より重量感のあるもの。
  • つまんだときにふかふかするものは避ける。

グリーンジャパン